電動バイク ・ スクーター市場 2018年グローバル主要ベンダー分析、収益、動向・予測 2025 年まで – iCrowdNewswire
 

Jun 14, 2018 10:40 AM ET

電動バイク ・ スクーター市場 2018年グローバル主要ベンダー分析、収益、動向・予測 2025 年まで

iCrowdNewswire - Jun 14, 2018

Wiseguyreports.Com を追加します”電気オートバイおよびスクーター市場-2025 年までの予測、解析の上位キー選手の機会成長市場の需要“その研究データベースへ。

レポートの詳細:

このレポートには、「電気オートバイおよびスクーター市場」の研究の深さの SWOT 分析を使用してすなわち強さ、弱さ、機会および組織への脅威。電気オートバイおよびスクーター市場レポートはまた組織プロファイル、製品の概要、必要な原材料、生産量などの様々 な目的に基づいている市場のキー ・ プレイヤーの詳細な調査を提供します組織の財務の健全性です。

世界の電動バイク ・ スクーター市場は 2017 年に 150 億米ドルで評価されている、2018-2025 中 4.8% の CAGR で成長し、2025 年の終わりによって 208 億米ドルに達する。

このレポートは、グローバル電気オートバイおよびスクーター市場の現状と展望を研究、メーカー、種類、アプリケーションおよび地域別でのグローバル電気オートバイおよびスクーター市場の規模 (値 & ボリューム) を分類します。

グローバルの電動バイクやスクーターとして知られている電力の 2 つの輪、E バイク、E バイク、E スクーターまたは e PWT 市場はすぐに連続的な成長があると予測されて。
まず、電動バイクとスクーターの技術開発と相まって需要の増加は、市場の成長は、する予定です。SLA 電池、リチウム イオン電池、ニッケル水素電池の導入はまた市場を駆動します。

一部の顧客は低価格と家と職場の間いくつかの分の距離により自動車の代わりに電動バイクやスクーターを使用することを好みます。したがって、この製品は良い選択です。第 2 アジア太平洋電気オートバイおよびスクーター市場は、次の年に市場シェアを支配します。電動バイクやスクーターの中国需要が地域全体で他の国に比べて有意に高かったです。

大手メーカーはこのレポートで覆われています。
ゼロバイク
本田技研工業
グリーン エネルギー自動車
アルタ モーター
BMW Motorrad 国際
BOXX (株)
AllCell 技術
Greenwit Motorino
E.T スクーター

@ サンプル レポートを要求 https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3219977-global-electric-motorcycles-and-scooters-market-research-report-2018

地理的に、調査上の生産者と消費者、生産能力、生産、値、消費に焦点を当てて市場のこれらの主要地域で共有し、成長の機会をカバー
北アメリカ
ヨーロッパ
中国
日本
その他の地域

研究の地域の範囲は次のとおりです。
北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
韓国
オーストラリア
インドネシア
シンガポール
アジア太平洋地域の残りの部分
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
ヨーロッパの残りの部分
中央・南アメリカ
ブラジル
アルゼンチン
南アメリカの残りの部分
中東・ アフリカ
サウジアラビア
トルコ
中東・ アフリカの残りの部分

生産、収益、価格、市場シェアと成長速度主に分割、各種類の製品に基づいてこのレポートが表示されます。
電動車いす
電気モビリティ スクーター
電気オートバイ
電動自転車
電動キック スクーター
電気三輪車
電動ゴーカート
自己バランス電気
スクーター

エンドユーザー/アプリケーションに基づいて、このレポートは状態および主要なアプリケーション/エンドユーザー、消費 (販売)、各アプリケーションの市場シェアと成長率の見通しに焦点を当て含む
E コマース
小売店舗

主要な関係者
電気オートバイそしてスクーター メーカー
電動バイク、スクーターの販売代理店/トレーダー/卸し業者
電気オートバイそしてスクーター サブコンポーネント メーカー
産業協会
下流のベンダー

特別な要件がある場合は場合、は、私たちに知らせてください、必要に応じ、私たちはあなたにレポートを提供します。

@ 完全なレポートの詳細 https://www.wiseguyreports.com/reports/3219977-global-electric-motorcycles-and-scooters-market-research-report-2018

コンテンツのテーブルの主要キーのポイント:

世界の電動バイク ・ スクーター市場研究レポート 2018
1 電気オートバイおよびスクーター市場の概要
1.1 製品概要と電動バイクやスクーターの範囲
1.2 電気オートバイおよびスクーター セグメント タイプ (製品カテゴリ) で
1.2.1 グローバル電動バイクやスクーターの生産と年平均成長率 (%)(製品 Category)(2013-2025) の種類による比較
1.2.2 グローバル電気オートバイおよびスクーター生産シェア 2017年の種類 (製品カテゴリ) によって
1.2.3 電動車いす
1.2.4 電気モビリティ スクーター
1.2.5 電気オートバイ
1.2.6 電動自転車
1.2.7 電動キック スクーター
1.2.8 電動三輪車
1.2.9 電動ゴーカート
1.2.10 自己分散電気
1.2.11 スクーター
1.3 グローバル電気オートバイおよびスクーター セグメント アプリケーションによって
1.3.1 電動バイクやスクーター消費 (販売) 比較アプリケーション (2013-2025)
1.3.2 E-コマース
1.3.3 売店
1.4 グローバル電気オートバイおよびスクーター市場地域別 (2013-2025)
1.4.1 グローバル電気オートバイおよびスクーター市場規模 (値)、年平均成長率 (%)地域 (2013-2025) による比較
1.4.2 米国の状況と展望 (2013-2025)
1.4.3 EU の現状と展望 (2013-2025)
1.4.4 中国の現状と展望 (2013-2025)
1.4.5 日本状況と展望 (2013-2025)
1.4.6 韓国状況と展望 (2013-2025)
1.4.7 インドの現状と展望 (2013-2025)
1.5 世界市場規模 (値) の電動バイクやスクーター (2013-2025)
1.5.1 グローバル電動バイクやスクーターの収入状況と展望 (2013-2025)
1.5.2 世界の電動バイクとスクーターの能力、生産の現状と展望 (2013-2025)

.

7 グローバル電気オートバイおよびスクーターの製造業者のプロファイル分析
7.1 ゼロバイク
7.1.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.1.2 電気オートバイおよびスクーター製品カテゴリ、アプリケーションと仕様
7.1.2.1 製品 A
7.1.2.2 製品 B
7.1.3 ゼロの電気オートバイおよびスクーター能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.1.4 主な事業/事業概要
7.2 本田技研工業
7.2.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.2.2 電気オートバイおよびスクーター製品カテゴリ、アプリケーションと仕様
7.2.2.1 製品 A
7.2.2.2 製品 B
7.2.3 ホンダ モーター電動バイクやスクーター能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.2.4 主な事業/事業概要
7.3 グリーン エネルギー自動車
7.3.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.3.2 電気オートバイおよびスクーター製品カテゴリ、アプリケーションと仕様
7.3.2.1 製品 A
7.3.2.2 製品 B
7.3.3 グリーン エネルギー モーター電動バイクとスクーターの能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.3.4 主な事業/事業概要
7.4 アルタ モーター
7.4.1 会社基本情報、製造拠点、販売エリア、ライバル
7.4.2 電気オートバイおよびスクーター製品カテゴリ、アプリケーションと仕様
7.4.2.1 製品 A
7.4.2.2 製品 B
7.4.3 アルタ モーター電動バイクとスクーターの能力、生産、収益、価格、粗利 (2013-2018 年)
7.4.4 主要事業/事業概要
7.5 BMW Motorrad 国際
7.6 BOXX (株)
7.7 AllCell 技術
7.8 Greenwit Motorino
7.9 E.T スクーター

継続的な.

Contact Information:

NORAH TRENT

Ph: +1-646-845-9349 (US)

[email protected]

Ph: +44 208 133 9349 (UK)

View Related News >